D.D-SMILE

名医が多くいるといわれている矯正歯科なら安心

予防のための処置ですが

場所が場所だけに

患者と先生

歯周病を防ぐ治療のひとつとして歯医者では歯石除去を行うことが一般的ですが、この歯石除去を苦手とする人は多いのではないでしょうか。
それというのも、歯石は歯茎と歯が接するところにできるため、機械を使って削り取っていく際に、どうしてもドリルの先が歯茎に当たってしまうからです。
場合によっては歯茎から出血することもありますし、出血とまではいかなくても、器具の先端が歯茎に当たるたびにピリピリっとした痛みを感じます。
横須賀で歯医者にかかったとき、歯科医師から痛かったら手を挙げてくださいといった具合に、治療中に何らかのサインを送るように言われたという人は多いと思われます。
痛みの感じ方は人それぞれで、かなり痛くなければ歯の治療に痛みは伴うものとして我慢する人もいれば、ちょっとした痛みでたびたび中断という人もいます。
横須賀の歯医者のすべてがそうとは言い切れませんが、横須賀のどこで受診したとしても、歯石除去の治療を行う際には歯茎に多少の痛みを感じることは避けられません。
相対的に見て、奥歯や下の歯は歯茎も強くなっているので痛みは軽くなりますが、上の歯の前歯周辺は痛みを感じやすいと言えるでしょう。
歯石がべったりと付いてしまっている場合は取り除く作業に力がいることから、どうしても歯茎への当たりも強くなってしまいます。
ある程度は我慢しなくてはなりませんが、どうしても我慢できない場合は痛みを訴え、改善してもらう方法はないかを横須賀の歯医者で模索してもらうといいでしょう。

簡単にできる解決法

医療器具

歯列矯正治療に不可欠なブランケットを歯に装着することで、今までとは全く異なる口内環境に仕上がります。
ブランケットによる口内の負担は見た目だけではなく、終始ブランケットと粘膜が触れ合うことで口内炎ができやすくなります。
しかも一か所だけではなく数か所口内炎が発症しやすいので、ブランケットを装着してから数日間は乗り越えないといけないです。
ただ、口内炎が歯列矯正終了まで永遠に続くわけではないです。
人にもよりますが、ブランケットを装着したての初期ごろや月に一度程度の調整によって口内炎が発症します。
少しでも負担を和らげるためには、ブランケット負けをしないワックスを塗ることです。
ワックスを塗ることで口内の粘膜に触れても、痛くはないですし、傷つけることも少なくなります。
また口内の粘膜に引っ掻かる場合はすぐに歯科医に調整のやり直しを依頼をすることで、口内の負担を軽減することができます。
そして、日ごろの食生活においても口内炎を防ぐことができます。
ビタミンを多く含む野菜や豚肉等をバランスよく摂取することで、口内における免疫力を高め、口内炎ができにくい体質へ整えることができます。
また塗り薬等による対処法も取り入れたいところです。
塗り薬を塗ることで自然治癒に比べると、数日ほど早く治すことができます。
歯列矯正中は口内炎の塗り薬を常備しておくことで、口内のトラブルを解決していくことができます。
これらの対処法で歯列矯正中の口内炎を防ぐことができます。

画期的なインプラントとは

歯型

歯科で行われているインプラントとは、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、そこに義歯を取り付けることで失われた歯を補うものです。
オールオン4はこの方法のひとつで、主に上下すべての歯を失った人に対して使用されます。
従来、すべての歯に対してインプラントを施すためには、実際の歯と同数かそれに近い数、上下それぞれの顎に10〜14本程度の人工歯根を埋め込む必要がありました。
しかし、顎骨に対して角度をつけた特別な方法で埋入することによって、最小で上下各4本の人工歯根ですべての歯を支えることが可能となったのがオールオン4です。
この方法では、それまで数か月必要であった治療期間が多くの場合一日から数日で済み、治療費も低く抑えることができます。
また、骨や歯肉などに対する大がかりな手術は基本的に必要としないため、手術後すぐに義歯を使用することも可能です。
オールオン4は、本当に負担の小さな方法なのです。
オールオン4の具体的な手順としては、まず事前にレントゲン写真や型取りなどの検査によって、かみ合わせの確認と仮の義歯の作成を行っておきます。
手術当日には、歯ぐきを切開して顎骨に人工歯根を埋め込みます。
この際は麻酔を用いるので、痛みはほとんど感じません。
そして数時間休んだ後に、仮の歯を装着して日常の生活に戻ることができます。
その後半年ほどの期間を置いて、義歯を十分な強度と美しい仕上がりの完成品に交換してすべて終了です。
たったこれだけの手順で新たな歯を手に入れることができるオールオン4は、画期的なインプラント技術だといえます。
固定式なので、昔ながらの入れ歯のように歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまるというような悩みはありません。
本来の自分自身の歯と同じ感覚で、食事や日常生活を再び楽しむことができるようになるのです。